安い牛肉を柔らかく美味しく食べる方法とは?

      2016/09/06

こんにちは、terura です。

安い牛肉でも、調理法によって柔らかく美味しい牛肉に変身?
玉ねぎのすりおろしやヨーグルト、牛乳などが肉を柔らかくすると言われているので試してみました。
どれだけ柔らかくなるでしょうか?
その結果は?まさかの(?_?)

広告の品の激安ステーキ肉でトライ!

スーパーの広告の品、アンガスビーフの肩ロースステーキ用を買ってみました。
「やわらかな肉質とジューシーな旨み」と書かれていました。
試食では、美味しそうに焼いていましたが、ひと口食べてみると「固い、肉の味がしないな~(^_^;)」
と思いました。値段が安いから仕方ないか⤵
だって100g当たり194円だもんね。20160904_165148_hdr.jpg

でも大丈夫!
お肉を柔らかくする方法があったので、どのくらい変わるのかトライしてみました(^o^)v

ワクワクしながら、実験スタート❕

何だか、楽しくなってきました。
今回準備したのは、
①玉ねぎのすりおろし
②ヨーグルト
③牛乳
④何もしない(ノーマル)
この4パターンです♪

①~③までは、合わせる材料が肉に漬かりやすいようにフォークでしっかり穴をあけてみました。
ブスブスとフォークを刺しているとだんだんと肉が、薄くなってきます。アンガスビーフ

それぞれのお肉をジップロックに入れて、あとはそのまま約1時間ほど漬けておきます。

肉の色が変わってきたね~(*^^*)

アンガスビーフ

上:ヨーグルト、中:玉ねぎ、下:牛乳

玉ねぎ、ヨーグルト、牛乳と肉が柔らかくなると言われている食材に約1時間ほど漬けておきました。
いよいよ、焼いていきます。

ジップロックから取りだし、並べてみると肉の色が変わっていますね(^o^)
ヨーグルトと牛肉は白っぽくなっていて、見るからに柔らかくなっていそうなお肉です♪

アンガスビーフ

左から、ノーマル、牛乳、ヨーグルト、玉ねぎ

 

玉ねぎのすりおろしは、酵素のパワーなんでしょうか?肉の色がくすんできましたね。
それぞれ、焼いたらどのようになっているか楽しみです!

いよいよ焼いていきますよ♪

なるべく同じ条件で肉を焼くように意識しました。
それぞれのお肉をフライパンを4つに分けて焼き始めます。

アンガスビーフ

上:ヨーグルト、下:牛乳、左:ノーマル、右:玉ねぎ

④の何もしない肉は、厚みもありステーキ肉に見えますが、①~③はフォークで穴をあけたり、
漬けこんだりしたせいか薄く、焼き肉用の肉に見えます。

4種類とも極力同じように焼いてみました。
焼き上がったら、分かるように皿に並べます。

アンガスビーフ

上:ヨーグルト、下:牛乳、左:ノーマル、右:玉ねぎ

いざ実食です♪どれが柔らかいかな?

まずは、牛乳漬けから

本命の玉ねぎは後にして、まずは、牛乳から食べてみることに!
何もしない普通の肉はスーパーで試食済みなので、あの固さを頭に思い出しながら食べてみると、
う~んスーパーで食べた肉よりかは柔らかいかな?
でも、凄く柔らかいわけではないですね(^_^;)

次に、ヨーグルト漬けを食べてみると

あれっ、違いが分からないです(^_^;)
同じ、乳製品だからあまり変わりがなかったみたいです。
スーパーで食べた肉よりかは柔らかいなか程度でした。

じゃあ、何もしない肉はどうかな?

あれれれれ・・・❓❓❓
固さが変わらない❗
しかも、フォークで穴をあけたりしなかった分、しっかりした厚みがあり固そうにみえても
牛乳やヨーグルトと比較しても優位さがありません(T_T)

ここで、嫌な予感が頭をよぎりました。

さあ、本命の玉ねぎすりおろしは?

ガ~ン⤵
違いが分からない⤵
妻にも、4種類とも食べてもらいましたが、ハッキリした違いは分かりませんでした。

terura のまとめ

やっちゃった感が半端ないですね(^_^;)
まさかの「変わらない」でした。
それぞれ、漬けておく時間が短かったのでしょうか?
調べてみましたが、漬け込み時間が1時間は短くないみたいです。

手間隙かけて、変わりなしでは何とも情けないです。
期待が大きかっただけに、ショックもより大きくなってきます。

これで、終わってしまったら残念過ぎるのでもう一度、良く研究してチャレンジして報告致します!

 - フード&ドリンク, 料理・レシピ, 暮らし・アイデア