形にとらわれず、こめられた心を大切にしていきましょう!

      2016/04/08

こんにちは、teruraです。

あなたは、実体のないものを信じますか?
目や耳の不自由なヘレン・ケラーに形のない「愛」を説明するのには相当な根気がいったことでしょう。
しかし、目が見えて耳の聞こえる人にとっても「愛」だけでなく形のない、心で感じるものを理解する
ことは難しいのではないでしょうか。

 ヘレン・ケラーはこんな言葉を残しています。
「世の中でもっとも美しくて素晴らしいものは、目に見えないし、手にもさわることができない。
ただ、心で感じるだけ」
                        『幸せの遺伝子』 村上和雄著

あなたは、形のない・実態のないものを信じますか?

形のないものとは?
命、愛情、信頼、友情、心のこもった贈り物など、けっこうありますね。

ある時、職場研修会で「あなたは、実態のないものを信じますか?」と2人の子育てをしている職員に
質問をしたことがあります。
その方は「そういったことは興味もないし感じたこともない」と言っていたので

質問を変えて再度聞いてみました。

大切な人から心のこもったプレゼント!

いつも言うことを聞かないヤンチャだけど、愛する娘さんがいましたよね。
その子が、おこづかいを貯めてママのために買ってくれた100均のマグカップを誕生日にプレゼントを
してくれました。
親子の朝食
翌日、ママ友が遊びに来ていて、あなたは自慢げにそのマグカップを見せてあげました。
すると、残念なことにママ友が手を滑らせてうっかり落として割ってしまったのです。

あなたはどんな気持ちになりましたか?

「すごく悲しいです」

その友達も大変申し訳なく思い、後日、全く同じものを100均で買ってお菓子と一緒にお詫びに
持ってきてくれました。
そのマグカップはあなたにとって同じマグカップですか?

その人は「・・・・違います」

違いますよね!

確かに、姿かたちは同じであったとしても確実に違うマグカップです。
娘さんの母親への愛情がこもったマグカップではありません。

壊れたマグカップは元通りには戻りません!

当たり前ですが、形ある物が壊れてしまった場合、完全には元に戻りません。
ママ友を責めても、何をしても残念ですが元には戻りません。
形ある物は必ず壊れるのです。
14dcdc706b52c941ea2e86b512c7610c_s

そんな時はどう心の整理をしたら良いでしょうか?

形ある物を追いかけるより、形はないけれどマグカップに込められた「子供からの母への愛情」を
しっかりと心に刻むことが大切なのではないでしょうか。
愛する娘から、愛情のこもったマグカップを贈っていただいた事実は消えてなくなることは決してありません。
そこをきちんと心に留めて忘れずに過ごすことの方が大切ではないでしょうか。

では、形のないものは壊れないのでしょうか?

形がないものは、壊れるのではなく、変化することにより本来あるべき姿へと形を変えていくのでは
ないでしょうか?

夫婦の大切な思い出の品を壊してしまったり、紛失してしまったりしたとしても、マグカップの
時のように、 思い出として心に残りまた、別の夫婦愛へとの形を変化させながら。

長年、信頼関係を築いてきた夫婦にとってはどんどん素晴らしい形へと変化していっているはずです。

実は形のないほうが、しがらみにとらわれずかえってフレキシブルに変化が出来、より良い人間関係の
形成が 出来るかもしれませんね。

そうなれるよう、日ごろから努力していきましょう!

 - 暮らし・アイデア, 考え方